オートクレーブパッシブオープナー

Autoclave Passive Opener

パッシブバルブをオートクレーブ内で滅菌するためのオープニングデバイス

  • パッシブバルブは特に経済性を考えて設計されているので、完全なアクティブユニットアセンブリなしで開放することができます。
  • 製品接触面の暴露を最大限にして、無菌保証が向上しました。
資料請求
*電子メールで製品や会社のアップデートを受け取るようにしてください

特別に設計されたオートクレーブパッシブオープナーによって、パッシブバルブの製品接触面や密着部、これに接続するコンテナやIBCの滅菌が効果的に行われます。

オートクレーブパッシブオープナーには典型的なアクティブユニットのインターロックが装備されているので、接続されたパッシブユニットを開放することができます。これによって、オートクレーブサイクル中に、パッシブの製品接触面およびそれに接続するコンテナやIBCが最大限に暴露されて滅菌されます

 

オープニングデバイスには典型的なアクティブ、またはパッシブシートがなく、「十字形の」ディスクが入っていて、これによって、清掃サイクル中にパッシブユニットの表面が最大限に暴露されるようになっています

 

GMP対応の設計なので、凝縮水はオープニングデバイスと、接続されたパッシブおよびコンテナから効果的に排出されます。

 

デバイスは、パッシブバルブにしっかりと適合するような設計になっていますが、オートクレーブ構造内部に結合するような形で固定されているわけではありません。追加オプションで、デバイスを衛生的なトライクランプを使ってオートクレーブに固定することもできます。こうすることで、パッシブまたはコンテナをステーションにしっかりと固定することができます。

サイズ(バルブサイズ互換性
使用材料
シール素材

DN50 (2”) から DN200 (8”)
PEEKおよび316L またはアロイ22
FKM またはFFKM