ボトル洗浄ステーション

Bottle Wash Station

ChargePoint パッシブユニットと接続コンテナを、オフラインで封じ込めた環境下で洗浄します。

  • ローカルのパッシブユニットと接続コンテナの肉眼的除染を行います。
  • デバイスに完全なアクティブユニットと封入された洗浄ランスが含まれ、完全に封じ込められた状態での洗浄を行います。
  • 手動で、または自動化された操作が可能です。
資料請求
*電子メールで製品や会社のアップデートを受け取るようにしてください

ボトル洗浄ステーションを使って、パッシブの製品接触面と接続コンテナの効果的な洗浄が行えます。ステーションには、内部挿入型WIPランスと結合したアクティブユニットがあり、これによってパッシブが封じ込められた状態で結合し開放されることが可能になります。内部挿入型洗浄ランスによって、確実に高レベルでの洗浄が行われるので、他の場所でバリデーションされた清掃サイクルを行う前に、パッシブとコンテナを安全に分離することができます。

 

ランスは柔軟性のあるPTFE製ベローズ内に装着されて、一方をアクティブユニットに、他がプラットフォームを横切って接続されており、このアセンブリによって上下に動くようになっています。ランスアセンブリがバルブ開口部を通って上昇しながら、バルブとディスク面を洗浄し、さらに接続部を通してプロセス容器自体を洗浄します。

 

WIPランスにはドレインも組み込まれていて、洗浄液をステーションから排出させます。

サイズ(バルブサイズ互換性)
WIP ランス
アクティブバルブスプレー接続
ドレイン接続
スプレーボール
操作
取付

DN50 (2”) から DN200 (8”)
HDPE, PTFE および 316L
EPDM, FKM, FFKM
トライクランプ
トライクランプ
手動または自動
単独型フレームまたは壁取付け用ブラケット -  304 ステンレススチール

オプション

WIPランスのストロークは、コンテナのサイズに適した十分な長さがあります。