SIP パッシブ / ドレイン

SIP Passive

アクティブユニットのローカルSIP(定置蒸気滅菌)

  • シンプルな定置ユニットがアクティブバルブの効果的なSIPを行います。
  • アセンブリ内にはパッシブユニットシートやディスクがないので、経済的でGMPにも対応したデザインになっています。これによって、スチームサイクルに暴露されるアクティブユニットの表面積が最大になるので、無菌保証が向上します。
資料請求
*電子メールで製品や会社のアップデートを受け取るようにしてください

特別設計のSIPパッシブ/ドレインデバイスを使えば、定置蒸気滅菌(SIP)による、ChargePoint AseptiSafe®アクティブバルブの製品接触面と密着エリアの効果的な滅菌処理が可能です。

 

SIPパッシブ/ドレインは、アクティブユニットにロックして標準的なパッシブユニットのように機能し、閉鎖環境の中でアクティブユニットを開放します。このデバイスは外周に装着されているOリングによって、アクティブユニットを密閉することが特徴となっています。衛生的なトライクランプ継手によって、蒸気供給ホースが容易に接続できます。

 

SIPパッシブが逆向きに(排出用)に装着されていると、漏斗状のSIPドレインが接続することによって、スチームサイクル中、または乾燥段階中にバルブやプロセス中の水分を凝縮させ、排水させます。

 

サイズ(バルブサイズ互換性)
製品接触面の素材
シール素材
スプレー接続
ドレイン接続(オプション)
耐圧型
DN50 (2”) から DN200 (8”)
316L またはアロイ 22.
FKM または FFKM
トライクランプ
トライクランプ
Yes